2017年4月21日 (金)

★静岡県バスケットボール協会に関するJBA裁定委員会からの答申および懲罰について

 静岡県バスケットボール協会に関するJBA裁定委員会からの答申および懲罰について

  静岡県バスケットボール協会の一般社団法人化をめぐる混乱におきましては、
バスケットボール選手・関係者、バスケットボールファン、並びに静岡県民の皆様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

 2017 年4月13日、JBAから当協会および関係者が処分を受けましたので、謹んでご報告申し上げます。

<懲罰対象者>
(1) 静岡県バスケットボール協会(以下「対象協会」という。)
(2) 静岡県バスケットボール協会 会長 川村修(以下「対象者川村」という。)
(3) 静岡県バスケットボール協会 副会長 杉山明宏(以下「対象者杉山」という。)
(4) 静岡県バスケットボール協会 理事長 渡邉正知(以下「対象者渡邉」という。)

< 主文>
(1) 対象協会に対し、本懲罰決定の日から対象協会が法人格を取得するまでの間、JBA の評議員推薦の業務を停止する。
(2) 対象者川村に対し、対象協会における一切の公的職務を、本懲罰決定の日から同協会が法人格を取得するまでの間停止し、さらに、法人格取得の日から1 年間禁止する。
(3) 対象者杉山に対し、対象協会における一切の公的職務を、本懲罰決定の日から同協会が法人格を取得するまでの間停止し、さらに、法人格取得の日から10 月間禁止する。
(4) 対象者渡邉に対し、対象協会における一切の公的職務を、本懲罰決定の日から同
協会が法人格を取得するまでの間停止する。

 ※ 以上、JBA裁定委員会から本協会への答申内容を簡単にまとめさせていただきました。
   詳細はJBAのホームページをご参照ください。
<掲載URL>
http://www.japanbasketball.jp/wp-content/uploads/JBAmeeting01_report_20170413.pdf