2017年1月16日 (月)

県協会の社団法人化、ABC基金ついて(ご報告)

県協会の社団法人化、ABC基金ついて(ご報告)

 静岡県バスケットボール協会の一般社団法人化をめぐる混乱、並びに平成7年と11年に静岡市で開催されたオリンピックアジア予選(ABC大会)の資金問題でバスケットボール関係者、バスケットボールファン、並びに静岡県民の皆様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

  当協会の川村修会長が、県協会の一般社団法人化問題で当協会臨時代議員会決議の執行停止の仮処分を静岡地裁に求めるなど法的手段に訴える一方、平成7年と11年に静岡市で開催されたオリンピックアジア予選(ABC大会)の際に築いた資金を「不明朗資金」として記者会見で発表しました。このことに対しまして県協会は現在、日本バスケットボール協会裁定委員会に一般社団法人化の調停を依頼するとともに、ABC大会の資金問題に関しては当協会事務局で調査する一方、第三者の弁護士を中心にABC基金特別調査委員会を設置して調査しているところです。

  日本バスケットボール協会裁定委員会の裁定が決まり、またABC基金の調査結果がまとまり次第、皆様に公表いたしたいと存じます。ご迷惑・ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

 平成29年1月16日   静岡県バスケットボール協会 理事長 渡邉正知