2015年3月14日 (土)

★平成27年度県協会代議員会実施報告★2015.3.14★

  静岡県バスケットボール協会は平成27年3月14日(土)に清水テルサにて平成27年度 代議員会を開催し、平成27年度の協会予算、役員および競技日程等が承認されました。 合わせて渡辺正知理事長(静岡西高教諭)が再任されました。また小林一雅副理事長の退任および三浦昭彦副理事長の就任等も承認されました。

Dsc_0002

Dsc_0003

Dsc_0004

Dsc_0005

Dsc_0017 
平成27年度静岡県バスケットボール協会役員はこちらをご覧下さい。

Dsc_0016

Dsc_0020 
理事長に再任された渡辺正知県協会理事長 (県立静岡西高教)

Dsc_0018 表彰式・代議員会司会の三浦昭彦副理事長 (県立清水東高教)

【表彰】          
◎優秀チーム賞(平成25・26年度)                                                              
☆    浜松学院中学校男子バスケットボール部                                                
      ・平成26年度全国中学校体育大会     
      第44回全国中学校バスケットボール大会(平成26年8月) 3 位                
      ・第36回東海中学校総合体育大会バスケットボール大会
             (平成26年8月)                  優勝(3年連続3回目)                    
      ・平成26年度静岡県中学校総合体育大会 バスケットボールの部
           (H26年8月)                        優勝(3年連続3回目) 
     Dsc_0011

☆    藤枝明誠高等学校男子バスケットボール部                                             
      ・第62回静岡県高等学校総合体育大会バスケットボール競技 
             男子の部                          優勝(3年連続6回目)

☆    HAMASHO CLUB NAVIO                                                      
      ・第35回静岡県バスケットボール協会長杯争奪選手権大会
           (H26年6月)                      優勝(3年連続3回目)  
                  
Dsc_0012
☆           イカイレッドチンプス                                                
      ・第62回東海実業団バスケットボール選手権大会 
          男子(H26年10月)                      初優勝               
Dsc_0013
☆           静岡バリアーズ                                             
     ・第28回 日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会(小牧)兼           
    2015日本車椅子ツインバスケットボール選抜大会(大阪舞洲)
           東海ブロック予選                          2年連続優勝 

Dsc_0014

Dsc_0015 
◎           功労者賞                                                       

   小林 一雅                                                    

    平成11年度より高体連バスケット専門部委員長の役職に就かれ、同時に静岡県バスケットボール協会高校部理事に就任。その間、高体連東海地区ブロック長となり、全国高体連バスケットボール専門部常任委員を務められ、全国大会の準備・運営に関わられた。平成19年には、県バスケットボール協会副理事長の役職に就かれ、東海バスケットボール協会の理事としてもご活躍された。
  在任期間において、平成15年静岡国体、平成18年世界選手権浜松大会、平成21年全日本マスターズ大会等におかれては、準備・運営の中心となり大会開催に尽力された。指導におかれても、県立浜北西高校、県立富士東高校を県ベスト4に導くなど素晴らしい実績を残された。また、チームの指導だけでなく、全国・東海大会において審判としても活躍された。                               

              杉山 由浩                                                    

     新任で昭和58年に沼津市立原小学校に赴任、ミニバスケットボールの指導を開始。その後、静浦西ミニバスケットボールクラブを指導。平成5年沼津市立千本小勤務と同時に千本ミニバスケットボールクラブを立ち上げる。以後静浦西ミニバスケットボールクラブに復帰し、現在に至る。この間、東部地区のバスケットボールの発展に尽力。
  東部ミニバスケットボール連盟沼津地区長から東部ミニバスケットボール連盟理事長を7年勤め、その一方で沼津市バスケットボール協会副理事長、静岡県ミニバスケットボール連盟副理事長、沼津市協会副会長の要職を歴任。その後静岡県ミニバスケットボール連盟副理事長を経て、平成23年度より静岡県ミニバスケットボール連盟理事長兼県バスケットボール協会ミニ連担当理事となる。                                  

              加藤 晋也                                                    

      静岡北高校卒業後、ミニバスケットボールの指導者となる。静岡市駿河区の中田ミニ男子チームを4年間指導した後、同市清水区の有度一ミニ男子チームを指導し今日に至る。18年にわたる指導の中で、有度一を県ミニバスケットボール選手権大会に2回優勝、また東海大会でも準優勝に導いた。
   ミニ指導者として優れた実績が評価され、平成23年に県バスケットボール協会の強化担当理事となる。理事在任中にUー12ブロックエンデバー技術講習会や県内各地区のトップアスリート対抗ドリームマッチを実施するなど、ミニバスケットボールの強化に尽力された。 

Dsc_0007                                
             桑原 章                                                       

        小笠・掛川バスケットボール協会の運営・発展や地域のバスケットボールの発展のために多大な貢献をされ、今日に至っている。同協会設立の際は、経営されている会社の一室を同協会の事務局として提供するとともに、協会副理事長として参加、協会の運営に尽力された。また地域貢献の名目で毎年、資金を提供するなど財政面からも協会を支えてこられた。その一方で指導者としても活躍、ミニバスケットボールチームのジャンク・キッズを率いると同時に、外部コーチとして掛川東中学バスケットボール部を指導するなど、多くのバスケットボール選手を育てている。
    また、経営されている会社の社名を冠した「EIFS JAPAN CUP」大会を開催して、ミニ・中学・高校の有力チームを県内外から招待し、地域のバスケットボールのレベルアップを図り、その成果がミニバスケットボールの掛川中央・御前崎黒潮・御前崎オーシャンズの活躍、浜岡中学の台頭、常葉菊川高校の東海大会出場などに着実に実っている。
 Dsc_0006

Dsc_0008 
◎   表彰規定第1条5による表彰                                                    

   優秀新人審判員賞   
        美澤 将史     中体連    焼津市在住                      
        石原 豊久    中体連    富士市在住    

Dsc_0009

Dsc_0010 
◎   外部団体よりの被表彰者                                             

      木内 貴史                                                    
<平成26度(公財)日本バスケットボール協会功労表彰>                                  

      静岡高校、慶應義塾大学を経て住友金属工業入社。静岡高校時代の昭和33年全国高校総体準優勝。慶應義塾大学時代の同34年全日本学生選手権優勝。学生時代から日本代表として活躍し、同35年のローマ五輪、同39年の東京五輪に出場。東京五輪ではエースとして活躍した。

   選手引退後、昭和47年から静岡県バスケットボール協会理事。同56年に副理事長、平成5年に理事長となり、同7年、同11年の女子バスケット五輪アジア地区予選の静岡開催を招致し陣頭指揮をとる。同15年に開催された静岡国体でも陣頭指揮をとった。同17年に副会長となり、同18年には男子世界選手権予選ラウンド浜松大会開催を招致した。同24年3月に副会長を退任。役員として40年にわたり静岡県バスケットボール協会の発展に貢献した。また平成19年度から22年度まで日本バスケットボール協会の専務理事兼強化本部長の要職に就き、bjリーグとの協調や日本代表ヘッドコーチ専任制など改革路線を打ち出し、日本のバスケットボールの発展に尽くされた。"                                 

          村松 孝次郎                                                

  <第55回公益財団法人静岡県体育協会体育章 功労賞>                                    

  <平成26年度(公財)日本バスケットボール協会功労表彰>                                  

         昭和44年に、静岡県バスケットボール協会の理事となり、競技委員長・事業委員長・副理事長・スポーツ祭委員長・JBL・WJBL運営本部長・障害者担当委員長・副会長を歴任され、42年間の長きにわたり静岡県のバスケットボールの発展に貢献された。
     昭和48年、静岡県クラブバスケットボール連盟設立の際、初代事務局長として県クラブ連盟の土台づくりに奔走し、平成2年度まで理事長として、平成22年までは会長として発展に尽くされた。また、全国クラブ連盟の常任理事として本県クラブ連盟との連携を図ると共に全国レベルでの事業等に貢献された。
     全国クラブ選手権大会の平成23年3月本県開催を誘致し、準備のため本県クラブ連盟役員の先頭に立ち企画、資金面や運営面にリーダーシップを発揮された。
     ※同大会は東日本大震災で中止を余儀なくされた。                             

    浜松学院中学校男子バスケットボール部                                                

〈第55回(公財)静岡県体育協会体育章奨励賞〉                                                  

        浜松学院中学バスケットボール部は平成23年4月に創部。平成25年8月22日から25日にかけて静岡県で開催された全国中学校総合体育大会で県勢として23年ぶり3度目の優勝、同校として創部3年目の快挙を成し遂げた。実力は群を抜いており、平成24年の静岡県中学校総合体育大会、東海中学校総合体育大会は2年生チームで優勝を果たし、平成25年は、静岡県中学校総合体育大会決勝で浜松開誠館を72-57、東海中学総体決勝でも同じ浜松開誠館を83-34の大差で破り、日本一をかけた全国中学校総合体育大会の西福岡との決勝でも72-59で快勝するなど圧倒的な強さで優勝した。                    

【主要な本年度の事業計画】
● WJBL NBDL静岡県開催
WJBL「Wリーグ」
平成27年10月10日(土)(長泉町 ウェルピアながいずみ)
  シャンソン化粧品  VS  トヨタ自動車
平成27年10月12日(月・祝)(三島市 三島市民体育館)
  シャンソン化粧品  VS  トヨタ自動車
平成27年12月 5日(土)(藤枝市 静岡県武道館)
  シャンソン化粧品  VS  JX-ENEOS
平成27年12月 6日(月・祝)(静岡市 草薙総合運動場体育館)
  シャンソン化粧品  VS  JX-ENEOS

  • NBDL (男子2部リーグ)

平成28年 2月20日(土)(藤枝市 静岡県武道館)
  豊田合成  VS  東京Z
平成28年 2月21日(日)(藤枝市 静岡県武道館)
  豊田合成  VS  東京Z